包茎治療の流れと、手術後の感想。

By admin.
Filed Under:治療後のこと

私が包茎治療(手術)をしたのは、今から1年半前のことです。
当時初めての彼女が出来、それをきっかけに決心しての手術でした。
今ではその決心が本当によかったと思っています。
おかげさまで彼女との仲も良好で、夜の営みの方も全く問題ありません。
それに、彼女は私が包茎治療をしたことすら気付いていないのです。
性行為のときは部屋の明かりを暗くしているせいもありますが、傷跡がほとんど目立たない場所(亀頭と包皮の境目)にあるからかもしれません。
また、私が手術をお願いしたクリニックが、美容外科も行っているところだったため、その技術が素晴らしかったからとも言えます。
null今回は、当時のことを思い出して、手術の流れについて書いてみたいと思います。
この文章を読んで、今包茎で悩んでいる人が大きな一歩を踏み出すきっかけになれば良いと思っています。
先に書いたように、私は傷跡のことを考えて、包茎治療だけでなく美容外科を行っているクリニックをネットで探し、無料相談で治療内容と治療費に納得してから治療日の予約を入れました。
カウンセリング後、ズボンと下着を脱いで横になりました。
私は陰毛が濃い方だったので少し陰毛もカットされ、その後ペニスの消毒が行われました。
次に局部に麻酔注射が打たれましたが、少しチクッとする程度で2~3分で感覚が無くなっていきました。
その後は私は見ていないのですが、先生の話では余分な皮を切除して縫合しただけだということです。
この縫合の時に使用されるのは、後に自然に溶けてなくなっていくという特殊な糸でした。
おかげで抜糸の必要がなかったのが嬉しかったですね。
その後消毒と薬が患部に塗られ、包帯が巻かれました。
これは亀頭が露出した状態に巻いていくので、排尿には問題なかったです。
後に痛みが出たときのために、少しだけ痛み止めをもらいましたが、その薬を飲む必要は全くありませんでした。
翌日からのシャワーはOKだったため、生活に何の支障もなかったです。
ちなみに私には手術の痛みが感じられなかったので、痛みに恐怖心を持つ必要がない手術だと思います。
どうしても怖いと言う人には、全身麻酔を使ったやり方もあるそうなので、お医者さんとよく相談してみることをおススメします。